NINI

2022/03/14

お越し頂きありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております、(株)ニィニ、取締役、デザイナーの保坂郁美です。

 

お越し頂きありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております、(株)ニィニ、取締役、でデザイナーの保坂郁美です。

本日より、川崎市にありますクリーニング店誠屋さんとコラボ展示会させて頂きます。

↓↓

https://makotoya-cleaning.jp/

ニィニの「捨てないアパレル」のコンセプトと通じる会社様ともご一緒させて頂いておりまして、とてもワクワクした会場になっております。

本格的なスーツのオーダーを生産している工場さんとコラボし、良いものをリーズナブルにご提案しています。百貨店の価格より大変お値ごろ価格になっていて驚いてしまいます。

生地は英国、イタリア、アメリカの一流生地をご用意していて、貴方だけの一品というカスタマイズも充実しています。

また、今回初めてご一緒する布団をお仕立て直しする創業明治14年老舗の布団メーカーさん、花嫁わた株式会社さんともご一緒にコラボさせて頂きました。

https://hanayomewata.jp/

ふとんは「捨てる」から「活かす」へ、というコンセプトで、ニィニに通づる丁寧なご提案内容に感激してしまいました。

「捨てないアパレル」とお布団と、一見違うご提案内容ですが何か面白いコラボご提案が出来るのではないかと、楽しい話題にもなりワクワクする展示会です。

また素敵なご提案整いましたら、こちらにも発信させて頂きます。

どうぞお楽しみくださいませ。

お越し頂きありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております、(株)ニィニ、取締役、デザイナーの保坂郁美です。

昨年に引き続き今年度も、私の母校でもあり、2人の娘の母校でもあります地元蕨市東中学校の卒業記念品をニィニで制作させて頂いております。

間も無く卒業式なのですが、アパレル業界全体が繁忙期で、本日もまだ製作に追われ納品に向けて励んでいます。

昨年は先生の記念品も、生徒と同様の双子織付きペンケースでしたが、今年は双子織付きコースターにして欲しいとご依頼受けました。

2022年度に卒業するので、「22」をモチーフにコースターの中に双子織を用いてコラージュしました。

これから、卒業入学する2022年もいろいろなことが起こるでしょう。

日本だけでなく、世界情勢も不安な要素がたくさんありますが、それだも真っ直ぐに想い描く未来を作っていってもらえたら、そんな願いを先生も陰ながら卒業生を応援してもらえたらと、心を込めて構成し作りました。

また、今年の卒業生の学年カラーがグリーンなので、ペンケースの中のポイント部分をグリーンに変えました。

まだあと少し縫製箇所があります。

本日中には、メッセージカードも添えて綺麗に梱包できるかと思います。

もらって嬉しい子もそうでない子もいるかと思いますが、ニィニのスタッフはそれぞれの卒業生のこれからの未来に心からエールを送り作りました。

卒業生の皆様、ご卒業本当におめでとうございます。

皆さんの未来に、幸あれ!!

お越し頂きありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております、(株)ニィニ、取締役、デザイナーの保坂郁美です。

今週3月11日(金)、12日(土)、13日(日)、クリーニング店誠屋さんでリメイクの展示会させて頂きます。

↓↓

https://makotoya-cleaning.jp/

こちらでは、年に2回展示会させて頂いております。そして、今回で3回目です。

今は着なくなってしまったけれどもどうしても想い入れのある着物、毛皮、洋服を、一品もののリメイクさせて頂きます。

今回も素敵なご縁や出会いを楽しみにおじゃまさせて頂きます。

皆さまのお越しを楽しみにしております。

お越し頂きありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております、(株)ニィニ、取締役、デザイナーの保坂郁美です。

本日も他のメーカーさんの縫製の他に、着物リメイクや毛皮のお直しだったりと、「捨てないアパレル」の取り組みも同時にこなしております。

着物リメイクは大抵、洗い張りから上がってきたものを裁断していきますので、必ずアイロンで蒸気を当てて生地の縮絨を整えなくてはなりません。

これを怠ると、素材にもよりますが大体2.0㌢ほど縮みます。

ですので、しっかり丁寧に蒸気を当てて行きます。また、その後の裁断もとても気を遣います。

間違いのないよう慎重に、裁断していきます。

動画も撮りましたので、是非ご覧くださいませ。

また、毛皮のお直しも同じアトリエで同時に行っております。

ニィニは明日土曜日も営業しております。

私もアトリエで作業しています。

洋服でお困りな際は、是非お気軽にご連絡くださいませ。

お話しさせて頂けますこと、楽しみにしております。

お越しいただきありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております、(株)ニィニ、取締役、デザイナーの保坂郁美です。

今月3月25(金)~27日(日)、着物メーカー上野本店鈴乃屋さんで着物、毛皮などのリメイク展示会開催いたします。

先月もお客様に楽しんで頂きまして、素敵な反物をい幾つかお預かりしてまいりました。

上の写真の反物は、羽織でした。どちらも高価なお品物でさらに状態も非常によく、とても丁寧に扱われていた様子が見受けられ着物が幸せそうに見え、嬉しい気持ちになりました。

上2枚目写真の着物は、鮫小紋というそうでとてもしなやかな文様です。
遠目には無地に見えますが、細かい鮫文様が染められることで、無地にはない、しっとりとしたやわらかい独特の美しさを生み出す模様です。

「鮫」「行儀」「通し」という文様は江戸小紋を代表する文様で「江戸小紋三役」と呼ばれ、中でも「極」と名のつくものは、3㎝四方に900個以上の穴が明けられており大変細かい文様で、最も格が高いものとされているそうです。

鮫小紋について、以下、参考にさせて頂きました。

https://www.someichie.jp/SHOP/g22318/list.html

こちらの着物は、カーディガンとインナーのアンサンブル、またコート―にお仕立てする予定です。

上の反物は裏地なのですが、こちらも非常にセンスの良い高価な裏地ですのでリメイクさせて頂く価値は充分にあります。

こちらは、ブラウスなどにさせて頂く予定です。

仕上がりが今から楽しみです。

また、こちらにお披露目させて頂けますこと楽しみにしております。

お越し頂き誠にありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております、(株)ニィニ、取締役、デザイナーの保坂郁美です。

ニィニでは、個人のお客様に洋服お作りする他に、他のメーカーさんの縫製依頼もお受けして洋服を制作させて頂いています。

こういう形態の縫製仕事を専門用語でいうと、「Original Equipment Manufacturing(Manufacturer)」を略した言葉でOEMといい、日本語だと他社ブランドの製品を製造すること(あるいはその企業)をいいます。

また、ニィニはさらにODM(Original Design manufacturing)といい、設計(デザイン・パターン)、生産までを委託して製品を製造することができます。発注元企業は商品企画と販売のみに集中でき効率よく利益を出せます。

以前より以下のサイトSDファクトリーで、ニィニの業務形態を紹介していただき日々いろいろなメーカーさんから、全くの素人の方まで問い合わせがあります。

SDファクトリーアパレルメーカー縫製工場をつなぐ無料マッチングサービスです

ニィニも丁寧にご紹介頂き、アパレルメーカーさんを繋いでいただいております。

https://factory.superdelivery.com/product/work/sample/factory-44/

株式会社ニィニ

品質へのこだわり

今やアパレル市場の国内生産が3%を切る時代になりました。

デパートを覗いても殆どのものが海外製。

そんな中、「日本製」を大切に「品質」にこだわった物づくりを続けていきたいと考えながら仕事をしています。

投稿者:SDファクトリー スタッフ 投稿日:2016/2/5
埼玉県の西川口駅から徒歩数分にアトリエとショップがある縫製工場さんです。
元工業デザイナー・ジュエリーデザイナーの社長さんと、工場へ縫製指導もされる高い技術と品質管理をされる専務さん、デザイン・企画をされる美大出身のデザイナーさん。
自社アトリエでの生産、ショップでオリジナル商品の接客・販売をされていらっしゃいます。
優秀なパタンナーによるこだわりのパターンとサンプルから量産まで行い、難しい縫製は自社アトリエで、量産は高い品質管理をしている協力工場で生産されています。水着、下着以外は対応可能だそうです。
また毛皮、着物、スカーフを使ったリメイク商品も手掛けており、センスの高さを感じます。
カジュアルなものではなく、中高価格帯の生産を得意とされていますので、そのような商品を生産されたい方は是非お問い合わせください。

このようなご縁を頂きながら、日々様々なメーカーさんのお力になれるよう尽力しております。

毎日のようにお問い合わせ頂き嬉しく思っております。

縫製依頼でお困りごとありましたら、以下会社電話、または以下のサイトからも直接お問い合わせできます。

 

(株)ニィニ、電話番号

048-441-6581

 

以下、ニィニホームページの企業者様向けのページより

↓↓

https://www.nini.co.jp/biz/

以下の問い合わせございますので、そちらからもお問い合わせ出来ます。

↓↓

https://tayori.com/form/d09efd078ae8945b05fbff998f549a3fb785d0f8

 

どうぞ、お気軽にお問い合わせくださいませ。

お力になれますこと楽しみにしております。

2022/02/25

お越し頂きありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております、(株)ニィニ、取締役、デザイナーの保坂郁美です。

 

お越し頂きありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております、(株)ニィニ、取締役、デザイナーの保坂郁美です。

今アパレル全体が繁忙期でして、ニィニも例外ではありません。

本日、天皇誕生日というとてもおめでたい祝日ですが、ニィニは営業してアトリエ全体賑やかです。

祭日なので、全員出社ではないのですが、納期間に合わせるために出社可能な方のご好意で本日アトリエ稼働させてもらってます。

ニィニでは、大きなメーカーの洋服を年間何万枚も製造したり、小さなメーカーさんの洋服や、新進気鋭の有名ブランドの洋服も縫製しています。

作業している様子も動画に撮りました。

こうして洋服が出来ているのか、と感じてもらえたら嬉しいです。

IMG_8652

私も裁断後の芯貼り、お手伝いしております。こちらも動画に撮りました。

IMG_8662

毎日、様々な仕事を同時に動かしているので本当に大変ですが、やはりやり甲斐を感じて製造しています。

本日も、日本全国に洋服をプロフェッショナルな意識を持って丁寧に取り組んでいきます。

お越し頂きありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております、(株)ニィニ、取締役、デザイナーの保坂郁美です。

昨年度、いつも大変お世話になっております千葉商科大学経済研究客員研究員、また中小企業企業診断士でもいらっしゃいます方に、『中小企業支援研究』にニィニの「捨てないアパレルの取り組み」を取り上げて頂き冊子にまとめて頂きました。

小さな会社の取り組みですが、とても高く評価頂き日本の会社の取り組みの一つとしてアーカイブにまとめてくださいました。

ご担当くださった先生は、ニィニとお付き合いが長く、「捨てないアパレル」を目指す前から良くお世話頂き、ニィニの取り組みを常に応援してくださっていました。

それだけにこのような形でご紹介頂けること、とても感慨深い気持ちでいっぱいです。

今までいろいろとご縁を頂く中で、ニィニの取り組みを様々さな角度から取り上げて紹介頂くことはありましたが、今回のテーマは「親から子へ引き継がれるものづくりの挑戦」として、一つのニィニの社史としても読める内容になっているのは、初めてではないでしょうか。

しかも、専務と社長と、取締役の私の3人が一緒にインタビュー頂くのも初めてで、あらためてニィニの歩みを振り返る貴重な機会を頂いた想いです。

6ページに渡り丁寧にまとめて頂き、本当に有り難く今後の励みにもなりました。

これからも、「捨てないアパレル」をニィニの歩幅で歩んでまいります。

©NINI CO.LTD.ALL Rights Reserved.