NINI

お越しいただきありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております(株)ニィニ、代表取締役、デザイナーの保坂郁美です。

 

昨年一年間、自身の体調不良によりこちらのブログが凍結してしまい申し訳ございませんでした。

 

今から10年ほど前、「捨てないアパレル」という言葉が私の中きら湧き出る前から、ニィニはリメイクをご提案していました。

先日、楽しいお話の中でお客様とそんな話題になり、ご丁寧にお客様が当時リメイクさせていただいたお洋服をお持ちくださいました。

 

今週は、10年前の当時リメイクしたお洋服のご紹介をさせていただきます。

 

今回、ご紹介させていただくリメイクのお品物はパンツになります。

以下のパンツのサイズが小さくなってしまったので、サイズアップリメイクをさせていただきました。

サイズアップリメイクするのに、どのようなデザインがお気に召していただけるかいろいろ考えました。

いづれにしても、ウエストを出す為にヒップまで下げるのに、ウエストベルトを外し、下げた分だけの生地が余ります。

それを活かしてフリンジにし、それを別布にあしらい、サイズアップさせていただきました。

とても軽やかな、サイズアップリメイクのデザインが完成し、お客様も大変喜んでいただきました。

またお客様に来てもらえて、お洋服もとても喜んでくれていると思うと、私たちもウキウキした優しい気持ちに包まれます。

 

本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。

明日もどうぞお楽しみくださいませ。

お越しいただきありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております(株)ニィニ、代表取締役、デザイナーの保坂郁美です。

 

昨年一年間、自身の体調不良によりこちらのブログが凍結してしまい申し訳ございませんでした。

 

今から10年ほど前、「捨てないアパレル」という言葉が私の中きら湧き出る前から、ニィニはリメイクをご提案していました。

先日、楽しいお話の中でお客様とそんな話題になり、ご丁寧にお客様が当時リメイクさせていただいたお洋服をお持ちくださいました。

 

今週は、10年前の当時リメイクしたお洋服のご紹介をさせていただきます。

 

【今回は、ニィニのホームページにもご紹介させていただいているスカートのサイズアップリメイクのご紹介をいたします。】

リメイク前はシンプルなタイトスカートだったのですが、非常に上質の素材でした。

せっかくサイズアップリメイクするのですから、思い切ったデザイン提案をさせていただきました。

ウエストを大きくするための切り替えを、あえてデザインポイントとなるラインカットにし、別布も花柄のテクスチャーが施された素材にしました。

更に、ウエストベルトをヒップラインまで下げなくてならないので、スカート丈は短くなってしまいます。そこで、別布で着丈を出さなくてはならないのですが、ここでもあえてデザインポイントとして黒のベルベットにあしらえました。

他にはないグレードアップリメイクとなり、なんとも気品溢れるニィニらしいリメイクとなりました。

当時、お客様ともいろいろ提案する中でとても楽しく、今でも思い出深いリメイク提案でした。

 

本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。

明日もどうぞお楽しみくださいませ。

お越しいただきありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております(株)ニィニ、代表取締役、デザイナーの保坂郁美です。

 

昨年一年間、自身の体調不良によりこちらのブログが凍結してしまい申し訳ございませんでした。

 

今から10年ほど前、「捨てないアパレル」という言葉が私の中きら湧き出る前から、ニィニはリメイクをご提案していました。

先日、楽しいお話の中でお客様とそんな話題になり、ご丁寧にお客様が当時リメイクさせていただいたお洋服をお持ちくださいました。

 

今週は、10年前の当時リメイクしたお洋服のご紹介をさせていただきます。

 

【今回はアイルランドを想わせる華やかな色合いのチェックのスカートをサイズアップしたリメイクをご紹介いたします。】

当時からニィニが得意だったのが、サイズアップリメイクです。

サイズダウンするサービスは、他でも見聞きしますが、サイズアップは他に生地を足さないといけないので、同じ生地がない場合はデザインを凝らす提案が出来ない場合は、とても難しい提案です。

ニィニは、今まで培ってきたデザイン力と異素材の組み合わせを得意とする技術を活かし、当時から積極的にこなしていました。

個性的なサイズアップを提案しながらも、さも最初からそういったデザインであったかのように馴染ませる雰囲気作りも大切にしていました。

非常に難しいリメイクでしたが、お客様は大変喜んでくださり、当時の思い出話に花が咲きました。

このようなご縁にあらためて感謝する思いでおります。

今回もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。

お越しいただきありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております(株)ニィニ、代表取締役、デザイナーの保坂郁美です。

 

昨年一年間、自身の体調不良によりこちらのブログが凍結してしまい申し訳ございませんでした。

 

お越しいただきありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております(株)ニィニ、代表取締役、デザイナーの保坂郁美です。

 

昨年一年間、自身の体調不良によりこちらのブログが凍結してしまい申し訳ございませんでした。

 

いろいろな取り組みをしているニィニですが、時にはバッグも承り、一点ものを追求していきます。

 

今回は毛皮のリメイクということで、素敵なバッグをお作りしましたのでご紹介させていただきます。

先日、お客様のお持ちの毛皮のコートで、ライナーのコートをお作りさせていただき、それでもまだ少し毛皮と刺繍付きの裏地が余りましたので、そちらをご利用させていただきオリジナルカバンをご提案させていただきました。

裏地の刺繍もとても素敵でしたので、カバンの裏地にそのまま使用させていただきました。

内側には、ファスナー付きポケットを付け使いやすいよう工夫させていただきました。

お客様も大変喜んでいただき、嬉しい気持ちで溢れました。

カバンの口に革の蓋や、底には底鋲をつけるなど長く使っていただけるよう、心を込めてお作りさせていただきました。

想い出の毛皮コートが、お客様だけの一点もののカバンにリメイクさせていただきました。

今回も素敵に仕上げることが出来、私たちも嬉しく思っております。

 

本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。

次回も是非、お楽しみくださいませ。

お越しいただきありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております(株)ニィニ、代表取締役、デザイナーの保坂郁美です。

 

昨年一年間、自身の体調不良によりこちらのブログが凍結してしまい申し訳ございませんでした。

いろいろな取り組みをしているニィニですが、時にはテキスタイルも承り、一点ものを追求していきます。

今週はそんな、様々な取り組みをご紹介させていただきます。

本日は昨日に引き続き、お客様からお預かりしている白のプルオーバーに刺繍を入れるご要望に取り組んでいるご様子をご紹介させていただきます。

昨日作成したイラストがまとまりましたので、今日は紙を切り抜いて実際の洋服の上に置いてバランスをみていきます。

ちょっとしたバランスで雰囲気が変わるので、よくよく考えながら進めていきます。

出来上がるまでは、上手くいくか毎回ドキドキです。今回の仕上がりも楽しみです。

またそんなご報告できますことも、楽しみにしております。

本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。

お越しいただきありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております(株)ニィニ、代表取締役、デザイナーの保坂郁美です。

 

昨年一年間、自身の体調不良によりこちらのブログが凍結してしまい申し訳ございませんでした。

 

いろいろな取り組みをしているニィニですが、時にはテキスタイルも承り、一点ものを追求していきます。

今週はそんな、様々な取り組みをご紹介させていただきます。

今回、お持ちのプルオーバーにお花の刺繍を入れてもらいたいといえことで、デザインさせていただきました。

明日刺繍屋さんと打ち合わせして一点ものを制作していきます。

白のプルオーバーに、糸の色目は同色の白をご希望です。

急には入れられないので、お試しに何パターンか試作します。またそんなご様子もご紹介させていただきます。

本日はここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。

お越しいただきありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております(株)ニィニ、代表取締役、デザイナーの保坂郁美です。

 

昨年一年間、自身の体調不良によりこちらのブログが凍結してしまい申し訳ございませんでした。

 

今週は、保護きものレンタル事業にあたり、「保護きもの」という造語を商標登録することにチャレンジした道のりをご紹介させていただきます。

 

昨日もご紹介させていただきましたが、今回もコンサルタントの秋田舞美先生のお力を借りて半年間かけて、商標登録証をいただきました。

本当にこの度もありがとうございました。

秋田舞美先生のホームページはコチラに!

↓↓

https://akita-co.jp/

 

お越しいただきありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております(株)ニィニ、代表取締役、デザイナーの保坂郁美です。

 

昨年一年間、自身の体調不良によりこちらのブログが凍結してしまい申し訳ございませんでした。

 

今週は、保護きものレンタル事業にあたり、「保護きもの」という造語を商標登録することにチャレンジした道のりをご紹介させていただきます。

 

昨日もご紹介させていただきましたが、今回もコンサルタントの秋田舞美先生のお力を借りて半年間かけて、商標登録証をいただきました。

本当にこの度もありがとうございました。

秋田舞美先生のホームページはコチラに!

↓↓

https://akita-co.jp/

本日は、ご縁をいただき保護させていただいた着物たちを、初めてリメイクした時の様子を振り返りたいと思います。

3年前、ご縁があって廃棄寸前の着物を大量に目にしました。その瞬間、出来る限りの着物を保護し、ニィニに持ち帰りました。

その時の気持ちたるや、なんともやらせなく、ものづくりの世界を土足で踏み潰される想いで胸が苦しくなりました。

「保護きもの」。その時、頭の中にパッと言葉が現れ、もう一度この子たちを華やかな世界に送り出そう!そう思い立ちました。

会社に戻りしばらく、たくさんの着物を広げ、途方に暮れましたが、色別に分けて、三素材を組み合わせてみました。

通常、一枚の着物では出来ないデザインのドレスを三素材合わせたらどんな風になるか、実際作り上げるまでには苦労が入りましたが、何とも艶やかな素敵なドレスに仕上がりました。

近くから見ると別の着物地が組み合わされていることがわかるのですが、遠目から見ると深みある色合いに見え、非常に綺麗なドレスに生まれ変わり感慨深くなりました。

初めから、捨てられる予定で作られた着物は一つもありません。でも、いろいろ訳あって手放された着物を廃棄寸前で保護し、またこうして世の中に送り出せるのなら、こんな嬉しいことはありません。

 

「保護きもの」レンタル事業は、そんな素朴な想いから立ち上がり、今実直に取り組んでいます。

心を込めてカタチを替えた「保護きもの」が、皆さまを再び彩ることが出来たら、着物たちも私たちも感無量です。

 

本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。明日もどうぞお楽しみくださいませ。

お越しいただきありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております(株)ニィニ、代表取締役、デザイナーの保坂郁美です。

 

昨年一年間、自身の体調不良によりこちらのブログが凍結してしまい申し訳ございませんでした。

 

今週は、保護きものレンタル事業にあたり、「保護きもの」という造語を商標登録することにチャレンジした道のりをご紹介させていただきます。

 

昨日もご紹介させていただきましたが、今回もコンサルタントの秋田舞美先生のお力を借りて半年間かけて、商標登録証をいただきました。

本当にこの度もありがとうございました。

秋田舞美先生のホームページはコチラに!

↓↓

https://akita-co.jp/

本日は、半年前、商標登録をお願いしに特許庁に秋田先生と行ってまいりましたので、その時の様子をご紹介させていただきます。

特許庁には、今まで幾つもの商標登録取ってきましたので、その都度行きましたが、毎回背筋がピーンと張るような清々しい緊張感が感じられ、これからの事業を見つめ直す機会をいただく想いになります。

 

「保護きもの」は純粋に、手放される寸前の着物を何とか出来たらという想いから、咄嗟に出た言葉でした。

今回、その想いも一緒に受け止めて認めてもらえた気持ちがして、非常に感慨深い想いでおります。

これからも初心を忘れずに、丁寧にご縁を紡いでまいります。

 

本日もここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。

明日もどうぞお楽しみくださいませ。

©NINI CO.LTD.ALL Rights Reserved.