NINI

お越し頂きありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております、(株)ニィニ、取締役、デザイナーの保坂郁美です。

本日も、ニィニはすくすくとチーム一丸となって取り組んでおります。

よく、私は「ニィニは、チームで取り組んでいます。」とお話しさせて頂きますが、そもそもチームとはなんでしょうか。

ものづくりをする上で、実際チームは必要なのでしょうか。

本来一人一人高いレベルにあるニィニですので、個々で製作しても問題ないのではとお思いになる方もいらっしゃるかもしれません。

作家さんのように、一人の個性を追求し製品化することは需要もありますし、唯一無二な洋服が出来上がる確率もそれなりに高いです。

20代の頃、私は陶芸作家を目指していました。一人で一つのものを製作するので、全てにおいて独占的なものづくりが可能なので楽しいです。

進める上で全て自分で決定していくので、フットワークは軽いですしサクサク進みますので、上手くいっている時は本当に気持ちが良いです。

ですが、上手くいかない時は非常に辛い想いをします。時には製作が全てストップします。

それに対して、チームで製作となると、自分と自分以外の個性を融合していかなくてはいけないので、交わるまでは非常に難儀な想いをします。

私自身、個人で製作していた人間は、余計にチームとものづくりするという行為に慣れるまで、実は大変な想いを経験しました。

何を言いたいのかといいますと、人が人を本当に信用するまでそれなりの時間がかかるという話をしたかったのです。

ある日を境にニィニのデザイナーが私に代わった時、ニィニのベテランパタンナーと息が合うまで相当な月日を要しました。

本来の息が合うまでには、2年近くかかったのではないでしょうか。

「チーム一丸になる!」ということは、一人一人が一人一人を尊敬し信頼して、邁進していくという行為です。

言うは易し、行うは難し。

本来、全く違う個性と融合していかなくてはならないので、毎日毎日いろいろあります。

それでも、ニィニに来てくれたご縁を大切に、今日も精一杯取り組んでまいります。

お越し頂きありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております、(株)ニィニ、取締役、デザイナーの保坂郁美です。

この度、素敵なご縁をいただきまして、マリンブルー初島でピアノ演奏会にご参加されるお客様にドレスをお作りさせて頂きました。

そのお客様は以前、着物展示会でご一緒させて頂きました友禅作家成瀬優先生の大切なご友人様でした。

昨年の成瀬先生の展示会に、初めてドレスをニィニで制作させて頂いたのですが、成瀬先生の深みある色合いとデザインさせて頂いたドレスのイメージが良くあってとても素敵に展示させて頂きました。

この時に製作させて頂いたワンピースを気に入ってくださり、背中のドレープのデザインを少しお直しさせて頂き納めさせて頂きました。

その時の様子をブログにも書かせて頂きましたので、よろしければご覧くださいませ。

https://www.nini.co.jp/blog/2021/11/27/2393/

こちらのワンピースにお袖をお付けしたいと、ご要望頂いたのですが、インナーをお作りするといろいろなコーディネートもお楽しみ頂けるのではないかと、成瀬先生のスカーフ作品を幾つか組み合わせて、プルオーバーをご提案させて頂きました。

とても柔らかい繊細な絹に染め上げた美しい素材ですので、洋服にするのには大変でしたが今回も丁寧に作らせて頂きました。

ワンピースのお直しも至難の技でしたが、どうにかドレープを無くして背中に沿ったラインに仕上げることが出来ました。

インナーにしてワンピースと合わせても、あたかも最初からそういうデザインであるかのようにお召し頂けますので、よろしいかなと思います。

もちろん、別々に着ていただいてもとても素敵です。

先日、お客様より今回の演奏会が行われた初島の素敵な海のお写真をお送り頂きました。

成瀬先生の染め上げた色合いにピッタリで、感動してしまいました。

このような素敵なご縁を頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にこの度は、お世話になりありがとうございました。

お越し頂きありがとうございます。

「捨てないアパレル」をしております、(株)ニィニ、取締役、デザイナーの保坂郁美です。

ニィニでは日々、新しい縫製依頼が舞い込んで来ますので、技術の共有は欠かせません。

チームの中で一人しか出来ないとなっては、非効率的です。一人でも多くのスタッフが技術を引き継ぎ、一人に頼ることなく自ら出来る技術を身につけてもらいます。

技術共有は、コミュニケーション無くして実現しません。チームとしても一致団結する瞬間でもあるので、非常に頼もしい瞬間でもあります。

今回引き継ぐ技術は、打ち込み前カンです。

完成に近い状態で、打ち込んでいくので間違うことが出来ず、非常に責任ある制作ポイントです。

それでも、こうして積極的に引き継いでもらえることは会社として本当に有難いことです。

ものづくりとは、一人一人のやる気によって支えられていると痛感します。

この技術を身につけて頂いたスタッフは、会社の宝です。

これからもスタッフ同士のコミュケーションを大切に、良いものづくり環境を整えていこうとあらためて思う瞬間でした。

お越し頂きありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております、(株)ニィニ、取締役、デザイナーの保坂郁美です。

先日オーダー頂きました着物の仮縫いお打ち合わせが無事に終わりまして、間も無く裁断にはいります。

型紙通りに切った柄行きを確認してもらいましたが、洋服生地も組み合わせますので、お客様がイメージするのは一苦労だっかと思います。

裏地や洋服の別布の組み合わをオススメするのは、やはり着心地を追求してのことです。

着物は全く伸びませんが、組み合わせる洋服生地は伸縮性のあるカットソーです。

全く性格の違う素材をを組み合わせることで着やすさが増し、ついついきてしまうアイテムに変身します。

伸びない素材と伸びる素材を縫い合わせるのは、難易度が高くニィニの縫製のチーフも毎回シックハックですが、今回もきっと出来上がりは、素敵になるでしょう。

またこちらにご報告させて頂きますので、是非完成をお楽しみくださいませ。

お越し頂きありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております、(株)ニィニ、取締役、デザイナーの保坂郁美です。

先日お客様より着物リメイクのオーダーで、素敵な着物をお預かりいたしました。

もの腰が柔らかく、可愛らしい印象のお客様にピッタリのお色目の着物です。

今回、こちらの着物を以下のお写真のブラウス(ニィニのサンプル)を参考にリメイクさせて頂きます。

全て着物にしてしまうと着にくくなりますので、別布として洋服の生地を上手に組み合わせてご提案させて頂きます。

間も無く、仮縫いのご提案が整います。

これから、シーチング(仮の生地でお客様に合ったサイズで簡易的に作る洋服)を制作し、具体的な提案を整えていきます。

今からお客様との打ち合わせが、楽しみです。

今回もきっと素敵に仕上がることでしょう。

そうなるよう、最後まで丁寧に取り組ませて頂きます。

お越し頂きありがとうございます。「捨てないアパレル」を目指しております、(株)ニィニ、取締役、デザイナーの保坂郁美です。

本日より、上野本店鈴乃屋さんにて着物、毛皮、洋服などのリメイク展示会開催させて頂いております。

前回展示会の際にオーダー頂いた着物地リメイクの仮縫いのご用意をさせて頂いております。

今回オーダー頂きました着物地は、とても素敵な大柄でした。

大柄の着物のリメイクの際は、ニィニではどこに柄が来るのかよりイメージして頂くために、着物をカラーコピーしてそれを型紙通りに切ってご提案していきます。

リメイクは、想い出の着物の形を大きく変えていきます。

一度ハサミを入れてしまった着物は、当然ながら元に戻すことは出来ません。

それゆえ、着物にハサミを入れる前に出来上がりをしっかり共有頂くことは、非常に大切な工程です。

また今回は、着物地の他に洋服の生地も使用しますのでイメージ頂くのは少し大変です。

でもそれを一緒にイメージしながらの仮縫いのご提案は、ご家族のお話にも花が咲きとても楽しい時間です。

出来上がりは来月の展示会になります。

次回の展示会の日程は、4月15日(金)〜17日(日)の3日間です。

きっと素敵に出来上がりますので、またこちらにもご報告させて頂けたらと思いますので、是非お楽しみくださいませ。

 

2022/03/23

お越し頂きありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております、(株)ニィニ、取締役、デザイナーの保坂郁美です。

お越し頂きありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております、(株)ニィニ、取締役、デザイナーの保坂郁美です。

先日、大変お世話になっております、株式会社伊と幸さんが東京ビックサイJAPANSHOP2022にて展示されるということでおじゃまさせて頂きました。

伊と幸さんは、京都室町の白生地メーカーとして昭和6年創業より、日本の絹の最高峰、至高の絹織物を織り続けておられます。

https://www.kimono-itoko.co.jp/

伊と幸さんは、伝統的な提案だけに捉われず、「伊と幸」ブランドとして永年培った感性を、
現代の産業技術と融合し、空間装飾材「絹ガラス」にして現代的な提案もしています。

https://silkglass.jp/

今回、伊と幸インテリア部門「絹ガラス」にて、JAPANSHOP2022では、「引き染め」「墨流し染」「絞り染め」を中心に、職人の手仕事から生み出される美しい絹の世界をご披露くださいました。


絹の白生地をとして受け継がれてきた絹・着物文化の担い手の技を絶やすことなく、現代に活かすため、より深いところから日本を見つめ直す絹ガラスをご提案、非常に神秘的でご来場様も途切れず素晴らしい展示会でした。

そんな(株)伊と幸さんの代表取締役社長でいらっしゃる北川幸様に、御社の新しく織り上げた反物で、ニィニにてオリジナルの洋服のお仕立てのご依頼をお受けしましたのでご紹介させて頂きます。

しかも初の試みが、始末を全てメローにしてほしいという非常に斬新なご要望でした。

着物地でメローをかけることは、やったことが無かったのでどういう仕上がりになるか心配でしたが、試作を重ねご提案することが出来ました。

新しい試みは、これからの進化の過程であり非常にやりがいを感じます。

さすが、伝統に捉われず新しいことにも果敢にチャレンジする北川社長にワクワクさせて頂きました。

会場で無事納品させて頂き、お忙しい中お写真もご一緒くださりとても嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

本当にこの度は、素敵な取り込みをさせて頂きありがとうございました。

 

お越し頂きありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております、(株)ニィニ、取締役、デザイナーの保坂郁美です。

この度、、光栄なことに蕨双子織研究家・堀江清隆さん、蕨神社の皆さまにに双子織でスカジャン風ジャケットをご提案させて頂きました。

地元蕨市発祥綿織物双子織は、江戸時代末期に誕生し、明治中期に一世を風靡しました。それは、他産地が真似の出来ない超高密度の綿織物。効率化・機械化の波に押されたのでしょうか、一度は途絶えてしまいました。
ところが、ここ20年かけて、蕨双子織研究家・堀江清隆氏が発起人となり、なんと蕨双子織を当時のままに復元することに成功しました。

只今、蕨商工会議所を中心として、蕨双子織をブランディングする取り組みが始まっています。

ニィニでも何とか地元を盛り上げることが出来ないかと、5年前より双子織に関わらせて頂き、4年前に双子織をスポーツウェアにと発案、3年前より地元蕨市ブランド認定頂いたり、ふるさと納税返礼品にさせて頂いたりと活動、更に昨年双子織キッズトラックジャケット製作、「第15回、キッズデザイン賞」受賞させて頂くなど奮闘しております。

そんな中、堀江さんにもたくさんご相談させて頂き、他県にはなかなか見られない蕨市双子織の素晴らしさの気づきをさせて頂きました。

「つかう文化が途絶えれば、つくる文化は途絶えてしまう。」これは、一つの警句です。

今、たくさんの方の力で双子織が蘇ろうとしています。ニィニも微力ながら、文化をつなぐ取組に参加できればと、今回も心を込めて作らせていただきました。

堀江さん、また皆さまと何度もお打ち合わせさせて頂く中で、双子織を愛する気持ちがひしひしと感じられ大変感銘を受けました。

これからも、地域に根ざす蕨発祥双子織に関われるご縁を大切に邁進して参ります。

 

お越し頂きありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております、(株)ニィニ、取締役、デザイナーの保坂郁美です。

この度、合同会社KASASAGIさんよりお声かけいただき、京都西陣織メーカーさんが提案するガウンを製作させて頂きました。

アメリカにてクラウドファンディングを無事スタートさせることができましたので、リンクの方を共有させて頂きます。

嬉しいことにニィニのことも、ご丁寧にご紹介頂いております。是非ご覧くださいませ。

↓↓

https://www.kickstarter.com/projects/nishijinori/iriai-the-authentic-kyoto-nishijin-ori-kimono-loungewear?ref=discovery_category

合同会社KASASAGIはグローバル市場で急速に変化するライフスタイルとものづくりメーカーの架け橋となり、人生をより豊かにするための消費の在り方を提唱します。KASASAGIという七夕の際に織姫と彦星の架け橋となる鳥の名の元、サービスを展開している会社さんです。

https://kssg0311.com/

このような素敵なコンセプトの会社さんとご一緒する機会を頂き、大変嬉しく思っております。

昨年夏より製作が始まり、こうして形になると非常に感慨深くワクワクした気持ちになります。

実際、工房にもお尋ねさせて頂き、イメージを膨らませてきました。このご時世なかなか高価な西陣織を購入する方も少なくなり、でも伝統を途絶えさせるのは勿体無いことです。

そこで今回、こちらの西陣織メーカーさんは海外の方に興味を持ってもらえる入り口となればと、ポリエステル素材で西陣織を製作し、更に洋服地ポリエステル素材を土台に気軽に着れるガウンを提案出来ないかと考え、ニィニにデザインの依頼が舞い込みました。

何度も試作を重ねて、半年かけて丁寧に生み出していきました。

海外の方が日本の文化に触れて頂くきっかけとなれば、そして日本人である私たちが自分の文化により誇りを持てるよう、これからもニィニなりのご提案でお力になれたら嬉しいなと考えております。

この度は、素敵なご縁を頂き誠にありがとうございました。

©NINI CO.LTD.ALL Rights Reserved.