NINI

おはようございます。

ニイニのデザイナーをしております保坂郁美です。

今日は朝から少し肌寒く、秋の訪れを感じます。もう、半袖一枚ではいられない季節になってきました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

私事ではありますが、今日は次女の運動会観戦に来ておりましてスポーツの秋を楽しんでおります。

間も無く東京オリンピック、身体を動かし健康的に過ごすことの大切さを爽やかに感じております。

突然ですが、埼玉県蕨市は機織りの町であったことご存知ですか。

江戸末期から明治初頭、蕨市では双子織という綿織物が盛んに織られており、当時高級綿織織物として江戸を皮切りに日本全国一世風靡していました。そもそも双子織とは、どんな織物なのか。

江戸時代の末、安政六年(1859年)に横浜が開港されたことにより日本にはじめてイギリス製の紡績綿糸と最新の化学染料が到来し、鮮やかな織物双子織が生まれるきっかけになります。

双子織は木綿でありながら絹様の光沢をもった超極細糸を使用し、双子(二本の糸を撚り合わせる)にして、超高密度に織り上げるかなり難易度の高い織物になります。薄地軽量のしなやかな和装テキスタイルで、多彩な配色を施した縞糸(色糸)が駆使され、絣模様も併用したファッション性の高い都市的なデザインとして持てはやされました。

  

しかし、様々な要因から昭和初頭双子織は完全に途絶えます。あれから時が経ち双子織は姿を消しましたが、なんとこの20年間双子織研究者により研究され、近年奇跡の復元が成されたのです。

しかも当時の品質をそのままに。これは凄いことなのです。

このことについては、また別の機会にきちんと触れていけたらと思います。

3年前、蕨商工会議所よりこの復元された双子織の存在を教えて頂くまで、ニイニは全く知りませんでした。そもそも双子織自体知らなかったのです。

当初、双子織を洋服にして町興しの1つになれないかとご相談を頂いたのですが、素晴らしい織物とわかっても、当時復元された双子織はかなり厚手の綿織物だったので部分使いにあしらう提案が精一杯でした。

しかし、あれからいろいろ試作され薄手の双子織が完成しました。

そんな中、私はプライベートでフルマラソンをしているのですが、ある時アイデアの神様が突然降りてきたのです。

双子織でスポーツウェアを作ってみたらどうだろう…。

スポーツウェアは殆どがポリエステル素材なのですが、汗がこもってしまって冬のランニングでは汗冷えして着づらいのです。

超極細糸で超高密度で織られた綿織物双子織であれば、ある程度の風を防ぎ、緩やかに発汗するのではないか…。

しかも、日本伝統織物双子織が、老若男女全ての人を健康に元気に出来たら!なんて素晴らしいでしょう。

更に、綿素材は地球にも人にも優しい!

そう思うか思わないかのうちに、デザインを描き上げ、直ぐにパタンナーと打ち合わせし、裁断縫製し、試作しました。

  

その後着用した感じを確かめるため、千葉館山フルマラソン大会で実際走りました。

綿素材の着心地は予想以上でした。

作ったら今度は知ってもらわなければ!

急遽、今年春に開催された彩湖リレーマラソン大会のスタッフジャンパーに採用して頂きお披露目させて頂きました。その様子が埼玉新聞に盛り上げられました。

年末には蕨市ふるさと納税の返礼品として、全国の方に知ってもらう準備をしています。

まだまだ、ニイニの取り組みは始まったばかりです。より良い製品にするには難問山積ですが、これからもスタッフと共に果敢に挑戦して行きたいと思います!

 

おはようございます。

ニィニのデザイナーをしております保坂郁美です。

今日も快晴に恵まれ、気持ちの良い一日の始まりとなりました。

皆様、いかがお過ごしでしょうか

この度、毛皮のリ・デザインの受注を受け製作しています。

昨日はほどきだけで一日かかってしまいました。

非常に根気のいる大変な作業です。

しかし、元々は命あった可愛いミンクです。

生きているミンクを見ると胸が痛みます。

人間は残酷なものです。

高級婦人用コートなどに利用されると、コート1着に30頭以上のミンクが必要になります。

今は、時代が変わり動物愛護の観点からも毛皮を控える風潮にあります。

そのため、タンスの奥深くにしまわれひっそりと眠る毛皮はたくさんあります。

だからといって命をいただいてしまった以上は、大切に身に着けることをしなくては可哀想に思うのです。

ニィニでは3ヶ月かけて丁寧にご希望のスタイルに作り変えて、ご家族のもとに留めるお手伝いをしています。

   

この取り組みのきっかけも、お客様の声により始まりました。

最初は丁重にお断りさせて頂いていました。

それは当然、やってあげたくてもどのようにすればよいのか全く分かりませんでした。

そもそも、毛皮をつなぎ合わせるには専用の特殊ミシンが必要になるのですが、それすら持ち合わせていませんでした。

それでもなお問い合わせが度々ありました。

非常に悩みましたが、決めたら早いのがニィニです!

毛皮専用の特殊ミシンを購入し、一流デザイナーにデザインを依頼、ヨーロッパの香りがするモードなアイテムを提案しました。

      

サンプルが出来るまで、高級なフエイクファーで何度も何度も試作を重ねました。

本番は思い切って、専務のミンクのロングコートを崩しました。

その時、初めて毛皮コートの内側を見て皆でびっくりしました。

想像以上に簡潔な仕様だったからです。

しかし、試作を重ねるうちにそれが何故か知るのです。

初めは全く理解できずに、難易度の高い洋服を作ってきた自分たちのほうがずっとレベルが高いと思い込み、いつものようにしっかりした縫製で作りました。

結果は残念、出来上がりは想像以上に良くありませんでした。ガチガチな硬い仕上がりになり、ふんわり優雅な印象にならないのです。

   

どうして!何故だ!何なんだ!!・・・

ここから、ニィニの本当の試作が始まります。

いろいろな毛皮コートをほどき、研究しました。

時間をかけて、ある時気づくのです。

それは、適度な手の加え方が最も大切であることに。

毛皮コートの中が簡潔な仕上がりには、ちゃんと理由があったのです。

しかし、この加減を見極めるのは至難の業 です。

それはそうです。元々は、個体差がある生きた動物だったのですから。

それを知ってから、ニィニは益々動物たちの声を聴くように語りかけながら、また存在にリスペクトしながら丁寧に今日も制作しています。

 

おはようございます。

ニィニのデザイナーをしております保坂郁美です。

今日は、昨日の雨がすっかり上がりとても気持ちの良いお天気になりました。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

只今、少しでもニィニの理念を知って頂けたらと『コンセプトブック』を製作しています。

この度の、秋のファッションショーイベントの際にお配りさせて頂きます。

 

創業36年、設立27年、アパレル工場としてスタートしその後13年前より全てセミオーダー対応のオリジナルブランド『elevemumu~エルベムム』を立ち上げ、一人一人丁寧に洋服を作ってきました。

その後、「着物」「毛皮」「お持ちの洋服」を手放すことなく長く身に着けて頂けたらと『リ・デザイン事業』に本格的に取り掛かります。

  

・・・捨てないアパレルを目指そう―

そう思い立つまで、いくつかのきっかけがありました。

2001年、バングラデシュの知人から仕事のお誘いがあり、そこで初めて現地のアパレル業界の惨状を目の当たりにします。

粗悪で貧弱な建物の中、人と機械がすし酢目状態で仕事をしている姿を見た時、非常に危険な怖さと嫌な胸騒ぎを感じました。

    

2013年それは的中、ファッション史上最悪な事故がバングラデシュで起きました。

世界を震撼させるも、報道は小さく未だに知らない人も少なくはない状況にあります。

 

そのような中、ニィニも自社ビルを建て替えることになり、2トントラック2台分の反物を処分しました。

ファッション業界の使命、それは新しいものを追い求めていくことにあります。

旬を逃した素材はどんなに状態が良くても、廃棄の対象になります。

この反物たちは、一体地球のどこで捨てられるのだろう…

私たちは、純粋にお客様をきれいにしたいと洋服を作っていること自体、一体どういうことなのか…分からなくなってしまいました。

しかし、たくさんのお客様からのご縁を頂き、「洋服の在り方」にあらためて気付かされるのです。

ニィニは、決断します。

地球に、人にやさしい、丁寧なものづくりをしよう。

今ニィニでは、少しでもこのバングラデシュの事故を、また華やかに思われるアパレルの実情を知って頂けたらと思い、定期的にアパレルの真実を表に出したドキュメンタリー映画『ザ・トゥルー・コスト』を上映しています。

 

そして、貴女のご家族の想い出に少しでも寄り添えられたら…。

そう、ニィニが奏でる物語は、始まったばかりです。

今では御徒町にあります老舗着物専門店『鈴乃屋』で、毎月「着物」「毛皮」「お持ちの洋服」のリ・デザイン展示会開催しています。今週末3日間、9月21日(土)、22日(日)、23日(月)開催致します。

お近くお越しの際は是非遊びにいらしてくださいませ。

お待ちしております。

http://www.guidenet.jp/shop/453h/

  

 

 

おはようございます。

ニィニのデザイナーをしております保坂郁美です。

昨日は大変天気も良く爽やかな秋晴れが続き気持ちが良かったですが、今日の午後からはお天気が崩れ雨が降ってくるそうです。

肌寒くもなってきますので、羽織ものを持って出かけると良いかと思います。

さて、お天気が良かった昨日までの3日間、ニィニ店舗にて『KEI KATSUDAコレクション』を開催していました。

KEIさんは元レオナール、パリコレデザイナーを長く勤められ、去年独立されオリジナルブレンド『KEI KATSUDA』を立ち上げました。KEI MATSUDA(ケイ マツダ)は、海外ブランドから習得したデザイン技術を生かし、また、NYで学んだ構築的パターン技術を採用し、日本人の体型に合わせた商品製作を得意とします。

素材の特徴を最大限に生かし、シンプルでありながらもさり気なくトレンドを加味し、上品で美しい女性を演出します。日常にお召し頂けるデザインから、パーティドレスまドレスを中心としたアイテムを提供しています。

https://keimatsuda.com/

 

この度、縁あって今年春より定期的にニィニ店舗で『試着会コレクション』と称した華やかな試着会を開催しています。

 

     

海外では日本よりずっと社交パーティーの頻度が高いので華やかなドレスも身近ですが、日本ではまだまだ殆どの方が別世界のものと思っています。

しかし、ドレスアップすることを経験することは非常に大切に思います。

いつ何時、華やかなパーティーに呼ばれるかわかりません。

ましてや、起業されてご自分を看板にされている方は必須です。

ドレスを作るならばニィニは、オリジナルデザイン『KEI MATSUDA』をオススメさせて頂きます。

KEIさんのデザインは女性を最上級に綺麗にさせるテクニックがちりばめられており、試着された皆様はご自分が見る見る綺麗になっていく様子に驚いていました。

私も全て試着させて頂きましたが、そのデザイン力に感嘆、流石です!

   

この度の展示会では、縫製はニィニでさせて頂きます。その後のメンテナンスもしっかり致しますので、安心して長く着て頂けます。

次回は11月下旬に、クリスマスパーティー&KEI MATSUDAコレクションを企画中であります。

どうぞ、お楽しみに!

では、今日も素敵な一日となりますようお励みくださいませ。

おはようございます。

ニィニのデザイナーをさせて頂いております保坂郁美です。

今日は朝から快晴でウキウキします。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

突然ですが、皆様が今日身に着けている中に何点日本製がありますか。

そもそも毎日着ている洋服が、地球のどこで誰が作っているか考えて袖を通しましたでしょうか。

なかなかそのようなこと意識して洋服を選ばないかと思います。

しかし、私たち作り手はまだ見ぬお客様の喜ぶ顔を想像しながら、今日も洋服を国内にこだわり埼玉県蕨市のアトリエで作っています。

どんなに安価な洋服でも、地球の何処かで誰かが誰かの為に一生懸命に作っています。

機械のボタン一つで魔法のように出来るものでは決してないのです。

一つの洋服が世の中に出るまで、市場調査から始まりデザイン制作、パターン制作、裁断、縫製、まとめ、プレス、検品、出荷、展示、販売・・・とたくさんの工程を経て皆様のもとに届けられます。

当然ながら受注枚数が多いものほど、制作期間がかかりますので愛着もひとしおです。

この片想いを少しでも多くの方に知って頂き、どの洋服も丁寧に着て頂けたら嬉しいと思います。

ニィニは、そのような想いで今日も愛着を持って丁寧に制作しています。

では、皆様今日も元気にお励みくださいませ!

I

 

 

<イベント趣旨>

近年、大量生産・大量消費を促すアパレル業界に翻弄され、先進国の軽率な廃棄行動が見えざる途上国の労働環境悪化、地球汚染に繋がり、今大きな社会問題となっております。と同時に、国内でも日本伝統文化着物がいとも簡単に手放される時代となり、あらためて未来に向けて私たちが自らの意思で選び取るべき消費活動について考える場が必要と考えます。NINIでは「捨てないアパレル」を目指すべく、まさに手放されようとしている着物を、再び御家族に永く愛されるアイテムに甦らせ様々な想いを馳せて頂くNINIコレクションを開催いたします。また、未来を切り開くきっかけにして頂くため、各界のキーパーソンをゲストにお呼びし共に考えるイベントをシリーズ開催させて頂きます。

更に、起業様の理念ある確かな商品をお伝えする場として頂けたらと懇親会も開催いたします。

(ご希望ある方は物販、自社商品またご自身の活動についてご自由にご提案頂けたらと思います。物販ご希望されます起業様は事前に主催者NINI保坂郁美、以下までご連絡くださいませ。

保坂郁美 連絡先 … 080-3246-1021 hanapinkbiki@softbank.ne.jp)

 

 

<日にち> 2019年10月19日(土)

<時間>2部構成、1部…11:00~15:00 2部…16:00~20:15

<会場> 蟠龍寺ばんりゅうじ(目黒区下目黒3-4-4)最寄り駅、目黒駅より徒歩10分

<来場予定人数> 80名(40名×2回)

<参加費>8,000円

 

《1部11:00~15:00、ご参加人数、40名まで。》

10:30~受付開始

11:00~挨拶15分

11:15~ファッションショー30分

11:45~ 休憩、移動15分

12:00~ お食事付懇親会(物販販売)1時間

13:00~ 休憩、移動15分

13:15~ 基調講演

(トランジションデザイナー三浦祥敬 講演名:サステナブル・トランジション

− 健やかな生き方の作り方 −)30分

13:45~ NINIドキュメンタリー上映会15分

14:00~ トークショー(アーティスト小木戸利光×NINI取締役デザイナー保坂郁美)45分

14:45  1部終了

 

 

《2部16:00~20:30、ご参加人数、40名まで》

15:30~受付開始

16:00~挨拶15分

16:15~ファッションショー30分

16:45~ 休憩15分

17:00~ 基調講演

(トランジションデザイナー三浦祥敬 講演名:サステナブル・トランジション

− 健やかな生き方の作り方 −)30分

17:30~ ニイニ制作ドキュメンタリー上映会15分

17:45~ トークショー(アーティスト小木戸利光×NINI取締役デザイナー保坂郁美)45分

18:30~ 休憩、移動15分

18:45~お食事付懇親会(物販販売)1時間半

20:15  2部終了

 

 

 

2019年10月19日(土)「捨てないアパレル」を目指す、NINIによる【ファッションショー&トークショー】を目黒にあります蟠龍寺にて開催させて頂きます。

まさに手放されようとしているお着物に、サスティナブルな社会を目指す強い想いをのせて、大切な家族に繋がるNINIコレクションをコンテンポラリーダンスで表現します。

その他、より想いを伝えられたらと、トークショー、NINIドキュメンタリー映像上映会、懇親会も合わせて開催いたします。神秘的なお寺の中で奏でる、『時を超え家族と繋がる物語』を、是非ご覧くださいませ。

以下、チケットサイトよりお申し込み頂けます。

https://tsuku2.jp/events/sp/eventsDetail.php?ecd=07021091480912

皆様、こんにちは。
大変ご無沙汰しております。
いかがお過ごしでしょうか。
毎日の長雨に、夏であることをすっかり忘れておりましたが、一昨日から突然眩しいくらいの青空と陽射しに、急いで夏を取り戻そう!と体も心も踊っております。

そんな線を引くような変わり目あったお天気の中、ニィニでは初の試み『ドキュメンタリー映像制作』をさせて頂きました。久しぶりの夏空から漲るエネルギーを全開に感じ、ニィニスタッフ一同全力で取り組ませて頂きました。

この度、撮影また映像構成制作をこの道プロフェッショナルのKAFKA布川万里絵さん率いる素晴らしいスタッフ、カメラマンさんにお願いする運びとなり、本格的に映像に残すことをさせて頂きました。

KAFKA布川さんが取り組まれましたお仕事は非常に素晴らしく、最近では山田洋次監督のインタビュードキュメント NHKBSプレミアム「さくらと民子、そして…~山田洋次が描いた家族のかたち~ 」を昨年制作しておられます。

https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/92665/2665003/index.html

ここ最近は、NHKワールドチャンネル放送の東南アジアのYouTuberを起用し、日本のいろいろな体験を3日間してもらう「3-Day Dare*Devils」という番組をされております。

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/ondemand/program/video/daredevils/?type=tvEpisode&

 

 今回、布川さんはニィニの会社理念がより分かるようにとインタビューを構成に加えてくださいました。ニィニは一体どういう会社であるか、また私という人となりをグッと深堀下さり、ここ!というキーワードを導き出してくださるのです。それがとても自然なのですが、手元に置かれた資料を覗くと緻密な構成原稿がしっかりと用意されており、今更ながら布川さんのお仕事ぶりのすばらしさに気付き感激いたしました。

また、着物リメイクの制作にも密着くださり、じっくり向き合ってくださいました。お着物のリメイクがどのように行われているか、どのような想いでニィニがお客様の想いに寄り添えるのだろうかと…と模索している様子を感じてもらえたらと思います。

 
縫製しているスタッフの皆様の表情をお撮りしたいと、しっかりと撮影くださいました。お洋服がどのように仕上がっていくのか、決して機械のボタン一つで出来ているものでもなく、紛れもなく人の手により…それも何工程にもわたる途方もない作業の中できあがるのだということを少しでも知って頂けたらと思います。
 
撮影前日にご提案頂きました撮影構成原稿になります。このようなものを初めて拝見させて頂きました。映像はこうした緻密な原稿の元、世の中に送り出されるのだと目の当たりにしました。感激と共に、お洋服つくりに似た手間と想いに感激いたしました。
また、このようにニィニの理念を映像構成に乗せて頂き、言葉に現わせない感動を味わいました。
それと同時に、言葉ではどうにも伝えずらいニュアンスをも伝えることができるのは映像なんだな…としみじみ感じました。
出来上がりがとても楽しみです。
そして、皆様にお届けできますこと誰よりも楽しみにしております。

『食』を通し、

様々なことを…

知って、感じて、考えて…

のイベントをニイニで開催いたします。

2部構成のイベントになります。

詳細は以下になります。

日にち…11月19日月曜日

場所…(株)ニイニ、店舗エルベムム

問い合わせ担当…保坂郁美

hanapinkbiki@softbank.ne.jp

080-3246-1021

《1部、ルバペーニョ試食会》

時間…12:00〜17:00

会費…無料

 

ルバペーニョとは、

ルバーブ+ハラペーニョという、

今までにない組み合わせの

新感覚な万能ソース。

この度、リリアイベントでも

ご一緒させていただきました

食彩月の岩田都さんが開発された

世にも珍しいソースになります。

こちらのソースのお召し上がり方を

岩田都さんご自身が

丁寧にご提案してくださいます。

 

カルパッチョあり、

新鮮なお野菜あり、

お肉あり、

ワインあり!

 

何と、贅沢な試食会でしょう。

是非、この機会にご気楽に遊びにいらしてくださいませ。

 

《2部、映画会&お食事会》

時間…19:00〜

会費…2,500円

 

フレンチレストランの、

プラシャルルーさんのお食事を

お召し上がり頂きながら、

 

『食』についてのドキュメンタリー映画、

『0円キッチン』を上映致します。

 

プラシャルルーさんが

ご提案頂くお料理は

なんと!

ルバペーニョソースにも大変合う

お食事をご用意してくださいます。

とても、楽しみです!

 

どうぞ、この機会に是非遊びにいらしてくださいませ。

 

 

 

 

 

こんにちは。

昨日より、広島MITSUKOSHI展示会3日間開催しております。

当日搬入ですから、朝からシックハックでバタバタですが、あっという間の2日目突入です。

 

お一人お一人丁寧にご提案しておりますと、本当に有難い御縁を頂きます。

昨日も素敵なご縁を頂き、御家族に繋ぐお仕事をまたさせて頂けることになり、嬉しく思っております。

先ほども、お母様から受け継いだ毛皮をまた新しいデザインに変えられないか…と、

ロングベストをご提案させて頂きました。

少しでも、喜んで頂けたらと今日もニィニらしいご提案をお一人お一人に丁寧にさせて頂いております。

©NINI CO.LTD.ALL Rights Reserved.