NINI

お越し頂きありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております、(株)ニィニ、取締役、デザイナーの保坂郁美です。

先日高級ブランド、レオナールのスカートを、とても素敵なエコバッグにリメイクさせて頂きましたので、ご紹介させて頂きます。

スカートを初めて拝見した時、とても素敵でしたので勿体ない印象もあったのですが、タンスの肥やしになるくらいだったらと、思い切ってハサミ入れていくこととなりました。

ゴールドの金具のタッセル付きの細ベルトが付いていて、これもエコバッグの飾りとして活かせたらと、頭の中でデザインを想い描きました。

裁断の際の柄出しも、出来上がりに大きく印象変わりますので、慎重に検討して裁断に臨みます。

出来上がると、まさかスカートだったなんて思えないほど、素敵に仕上がることが出来ました。

お客様も大変喜んで頂き、私たちも制作して本当に良かったと、また新たな形になって、お客様とお出かけを共にするエコバッグを想うと、こちらまでウキウキした気持ちになりました。

 

幸せのお裾分けを頂いたほっこりした気持ちになり、リメイクして本当によかったと、ニィニ皆んなで喜ぶことが出来ました。

この度は、本当にありがとうございました。

お越し頂きありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております、(株)ニィニ、取締役、デザイナーの保坂郁美です。

昨日、1/20(木)の日刊工業新聞の社説に、ニィニの取り組みが取り上げられました。
主に工業系の会社経営者様が手に取る業界紙ですが、アパレル事情にも多々触れている、紛れもなく全国紙です。

年間の新聞販売日が約350日ですから、社説は年間350本しかありません。
かつ世相など企業記事ではないものがあると考えますと、社説に取り上げていただける企業などほんの一握りと言われています。
一気に全国紙の社説デビュー、さらに弾みをつけたいと嬉しく思っておりますが、これからも、しっかり地道にコツコツと取り組んでいこうと背筋が伸びる思いです。
↓↓
電子版記事

https://www.nikkan.co.jp/articles/view/625264

このキッカケを頂いたのは、弊社コンサルタントの秋田舞美先生のお力添えになります。

http://akita-co.jp/
この度も、本当にありがとうございました。

記事としては、近年のアパレル業界の不況とその現状に多く触れられ、ニィニの取り組みは行の記載ではありますが、私は返って嬉しかったです。

何故なら、近年国内のアパレル業界が燦々たる惨状の中、ニィニは独自な歩みで存続している!

それを発信、どれだけ希少価値あるか、認知してもらえるきっかけになれたのでは、と考えています。

只今、国内生産は、2.4%切ろうとしています。

そんな中、昨年末日経新聞の一面に、ワールド、TSIホールディングスなどアパレル大手が、国内の生産回帰を進めていると、報じられました。

要因はコロナによる物流混乱ですが、今様々な企業が会社存続のため、躍起になっています。

ニィニも日々、縫製依頼の問い合わせを受けます。

しかし、バブル崩壊後、一度見放し閉鎖に追い込まれた縫製工場は2度と立ち直りません。

アパレルの縫製工場の設立までの設備投資は、半端なことではないからです。

ニィニにあるミシンやプレス機や、パターン制作のCAD、CAM、そして1,000万円する
一枚裁断機を導入するまでやく40年近くかかっています。

何より、技術者を育てるなんて立ちくらみするほど時間を要します。

だからこそ、ニィニはこれからも、「つくる責任、つかう責任」の大切さを忘れずに、「捨てないアパレル」を実行、独自の道を模索しながら邁進していきます。

あらためて、今後とも宜しくお願い申し上げます。

お越し頂きありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております、(株)ニィニ、取締役、デザイナーの保坂郁美です。

この度、とても素敵なお客様よりなんともエレガントなワンピースを着物リメイクでお作りさせて頂きましたので、こちらは紹介させて頂きます。

非常に高価な紬を反物として長くお持ちだったそうで、着物に仕立てるかはたまた洋服に仕立てるか随分迷われたとのことですが、ご縁ありましてこの度ニィニでワンピースに仕立てさせて頂きました。

好きなデザインがはっきりされてましたので、気に入ったデザインがあったら雑誌などの切り抜きなどお待ちくださいと、お伝えしました。

なんとお持ちくださったお写真は、英国王室キャサリン妃がお召しになられていたワンピースでした。

 

シンプルかつとてもエレガントで、素敵なワンピースで、お客様の雰囲気にもぴったりと感じました。

早速その写真を元に、あらためてデザインを構築、パターンに起こしました。

1ヶ月後、シーチングで仮縫いしたものを試着頂き、デザインとサイズ感をパタンナーとも確認するなど、かなり丁寧に進めていきます。

また今回、大胆までの大きなゴールドのバックルをあしらったこともデザインのレベルをさらに上げ、唯一無二の素敵なワンピースに仕上げることが出来ました。

本当にお客様の雰囲気にぴったりで、完成後のご試着の際はうっとりしてしまいました。

次回はかすりの着物をリメイクするお話も頂きました。実は、間も無く完成する予定です。

またこちらにも、ご紹介させて頂きますので、お楽しみ頂けたらと思います。

どうぞ、ご期待くださいませ。

お越し頂きありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております、(株)ニィニ、取締役、デザイナーの保坂郁美です。

只今ニィニの従業員は、総勢12名、内グラフィック部門2名、実質10名でアパレル業務をこなしています。

たったこの少人数でも、チームとして一つになるのは並大抵のことではありません。

毎日毎日いろいろあります。

「伝えた、つもり」。

それは、本当に10人いたら、10通りの感覚があります。

「あんなに周りで話していたのだから、ちゃんと聞こえていたよね?だから、わかってるよね?」

「あんなに、しっかり仕様書に書き込んでいるのだから、見ないなんてあり得ないよね?」

毎日毎日、本当にあります。

それでも、ニィニのスタッフはそれぞれ感度高いコミュニケーションを取っている、という自負をそれぞれ持っていましたした。

しかし、昨年初めて外部の方をお呼びして、従業員の更なる意識向上に向けてセミナーを開催しました。

現場力を高める知識とコミュニケーションに特化したセミナーを開催される、小川ふさえさんに多面的にお話し頂きました。

https://kigyo-kenshu.com/instructor/fusae-ogawa/

小川さんは現在、高卒の新人から管理職対象にビジネス一般から繊維業界専門技術・知識まで多様な研修、検定を実施していらっしゃいます。

今回初めての試みで、開始早々戸惑う様子も見受けられましたが、皆さんの聞こうとする姿勢を感じました。

セミナーの内容は、技術向上に向けての意識改革です。

その中、大きく分けて以下の話を中心にセミナー頂きました。

①あなたの考える品質とは。

②チームで働く、コミュニケーションとは。

①の品質の話は、とても難しい内容です。それは、品質を一律にする、すなわち縫製レベルを一律にする、ということになるからです。

完成度と一言でいいますが、厳密に言うと、それは縫製者一人一人まちまちになってしまうからです。

何を基準にして、完成とするか。

日頃、しっかりした洋服を身につけているか、また身につけられる生活水準にあるか、まさにそこで決まってしまうからです。

パターン引くにせよ、裁断するにせよ、縫製するにせよ、一行程一行程、関わる方の生き様そのまま反映します。

しかし、全ての従業員がそうとは限りません。それ故、完成度という意識を統一して、一つの洋服をチームで製作するということが業界的にも非常に難しいのです。

だからこそ、②のコミュニケーションをより密にとって意識を統一していくことを、怠ることは出来ないのです。

デザイナーからパタンナーに引き継ぐとき、パタンナーから裁断者に引き継ぐとき、裁断者から縫製者に引き継ぐとき、裁断者からまとめ、プレスする担当に引き継ぐとき、そして営業担当に引き継ぐとき、全て次の担当に引き継ぐ瞬間に、しっかり正確に繋いでいるか、ここで洋服の良し悪しが分かれます。

また、セミナーの中でディスカッションも多くあり、その中で引き継ぐときの工夫についても話が出たりもしました。

しかし、一番印象的だったのが、それぞれの口からお互いをリスペクトする発言が非常に多いことでした。

お互いを信頼している、そして、お互いとても尊敬している。

これが、口にできる関係であることは、本当に素晴らしいことです。

聞いていて、非常に感銘を受けました。

数日後、パタンナーのチーフの口から、「やっぱり1番大切なのが、次の担当に引き継ぐ時だよね。もう少し、しっかりお互いにやっていこうね!」と声かけしていたことでした。

経営者の立場の人間が言うと、捉え方によると反発もあるかと思いますが、チームの中でそういう会話が生まれるのは本当に理想的です。感動してしまいました。

本当にチーム作りは、1日では仕上がりません。これこそ、「ローマは一日にして成らず」です。

経営者側として、これからもチームを大切に、そして感謝を忘れず、日々精進していこうと決意した次第です。

 

お越し頂きありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております、(株)ニィニ、取締役、デザイナーの保坂郁美です。

今日は、上野本店着物メーカー鈴乃屋展示会に行って参ります。

先日も素敵に着物をリメイクさせて頂きましたので、ご紹介させて頂きます。

ご依頼頂きました着物は、大切なお母様から引き継がれたものでして、想い出がたくさん詰まった着物でした。

ご依頼頂いたお客様は80歳を超えておられましたが、とても若々しく車椅子で颯爽とお見えになられたのが非常に印象的でとても驚きました。

非常に好奇心と行動力に溢れ、お話もとても楽しくお会いする度に元気をいただいておりました。

今回お作りするのは、晴れの場にお召しになるカーディガンジャケットとワンピースです。

非常におしゃれでいらっしゃり、お話の中でとてもお勉強させてくこともあり、ワクワクしました。

今回お待ち頂いた着物はそれなりにお作りしてからお時間が経っていますので、シミが出来ていました。

ちょうど京都から染め職人さんがいらっしゃっていたので、もっとしっかり黒に染め直ししてもらうことにしまし

アトリエに入ってくるのが、約1ヶ月ほどかかるということで、その間に仮縫いのご用意をさせて頂きます。

その後、仮縫いでおサイズやデザインの調整をさせて頂き、更にその後1ヶ月のお時間を頂戴して丁寧に仕立てます。

 

お陰様でとても素敵に仕上げることが出来、お客様にも大変喜んでもらうことが出来ました。

またお客様に喜んで頂けるよう、今日から3日間、上野本店鈴乃屋展示会開催励んで参りたいと思います。

お越し頂きありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております、(株)ニィニ、取締役、デザイナーの保坂郁美です。

この度、大切なお孫さんの成人式の為に、お持ちの毛皮のコートをケープにリメイクして欲しいとご依頼受けました。

状態も非常に良く、色目も柔らかいグレーで出来上がりをイメージすると、ワクワクしました。

今回のご依頼は、お持ちの毛皮のケープと全く同じデザインにリメイクして欲しいということでしたので、できる限り近づけようと内側の装飾も丁寧に作り込んでいきました。

その前に、フェイクファーで形見本を製作し、仮縫いの際に確認して頂きました。

一番難航したのは、毛皮のタッセルの作り込みでした。

長く細い縫いくり返しが、思いの外大変でなかなか思うように仕上がらず苦労しましたが、何とかお持ちのタッセルに近づけることが出来ました。

完成度を高める為には、やはり細かなまとめが非常に大切です。最後まで丁寧に心を込めて取り組みます。

毛皮のリメイクは、本当に完成まで時間を要します。チームで制作するので、完成度にバラ付きが出ないように、細心の注意が払われます。

お陰様でとても素敵に仕上げることが出来、お客様にも大変喜んで頂けました。

リメイク作業は、一点ものです。

素材が変わるのは当然、ご要望もまちまちです。いつでも、どんなご要望にもお応え出来るよう、今日も誠実に取り組んで参ります。

今週、1/14(金)、15(土)、16(日)は着物メーカー上野本店鈴乃屋さんで、着物、毛皮のリメイク展示会開催します。

すでにご予約も入っておりますが、ご連絡頂けましたら是非お待ちしております。

着なくなってしまだけれども、どうしても想い入れのある着物、毛皮、洋服などございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

私、デザイナー保坂郁美が常駐しております。お問い合わせは、以下です。

080-3246-1021

皆様の思い出に触れさせて頂けますこと、楽しみにしております。

お越し頂きありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております、(株)ニィニ、取締役、デザイナーの保坂郁美です。

昨年末、ニィニコンサルティング秋田舞美先生の計らいで、顧問先の一つ、リネン会社、白興さんの初めて戸田工場と三郷工場を見学させて頂きました。

ニィニコンサルタント、秋田舞美先生

↓↓

http://akita-co.jp/?fbclid=IwAR0XCXkYvsvoX7xrNqt-pHRsufzFycc6HAwUoMPh2SEI0DW-he-324yMER4

白興さんは、ホテル供給数 首都圏No.1のホテル向けリネン・クリーニング業者さんで、2022年で設立60周年、前職クリーニング業の
個人商店時代から数えると、なんと、70年ほどの老舗会社さんです。

提案する、洗う、お届けする、それぞれのプロフェッショナルが毎日15万人分のシーツ、デュベカバー、タオルなどを皆様にお届けしています。
↓↓

https://www.hakkogroup.jp/company/

 

初めて拝見するものばかりで、まるで小学生のようにはしゃいでしまいました。

「社長!!こっち、こっち!
カメラに映してください!!」

IMG_7742

アトラクションに遊びに来た子どもの感覚に陥ってしまい、興味津々に拝見させて頂きました。

実はこちらとは、秋田さんのご紹介で数年前からとあるホテルユニホームのテキスタイルデザインを任され、私がデザインさせて頂くご縁を頂いていました。

なんとなんと!
それが、三郷工場ですくすくとクリーニング
されているではありませんか!

こうして、自分のやり遂げた仕事が世の中ぐるぐる巡っていると思うと、本当に感慨深いものです。

しかし、1番感激したのは、働く皆さまの清々しい挨拶でした。

「こんにちは!
いらっしゃいませ。
どうぞゆっくり見ていってくださいませ。」

実際、働いている内容は、濡れたリネンの選別や制服のハンガー掛けなど、見ているより、ずっと過酷と言います。

IMG_7721

それをやり続けるモチベーションとは、一体何なのか。

「今日は、金曜日です!
若い子たちは、ミーティングと称したコミュニケーションを楽しみにしています。

普通に考えたら本当に気が滅入る繰り返しの作業。

でもこうして定期的に、営業する人間と、工事で作業する人間が繋がることで、自分たちは、確実にこの社会に必要とされ、役に立っている!と認識しあうのです。」

もう感激を通り越して、興奮してしまいました。

ニィニは、毎朝、15分の朝礼を欠かさず行いスタッフとの意思疎通を図ります。

今年最後の鈴乃屋展示会、昨日終えてきましたが、今日もしっかり朝礼して、お客様のご要望をしっかり正確にスタッフに伝えします。

その際に、営業サイドの私しか体験出来ない特権もスタッフに共有します。

それは、皆んなが一生懸命作った洋服の納品時のお客様の様子です。

今回もたくさんの溢れる感謝の笑顔頂きました。このご褒美があるから、ニィニも次の仕事の活力に変えることが出来るのです。

明日よりまた営業開始、がんばります。
秋田先生、素晴らしい会社さんと繋げて頂きありがとうございました。

少しでも、白興さんのような会社様に近づけるようニィニも邁進して参ります。

お越しいただきありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております、(株)ニィニ、取締役、デザイナーの保坂郁美です。

昨年末、大変素敵な着物リメイクをさせて頂きましたので、早速ご紹介させて頂きます。

ラメがかった鮮やかな赤と茶のストライプが大胆で印象的な着物を、ロングコートに仕立てさせて頂きました。

非常に想い入れがある着物ということで、おサイズ感が違うお嬢様とも一緒に着ることもできたら嬉しい、というご要望でしたので、どんなアイテムがよろしいか、いろいろと楽しくご提案させて頂きました。

お仕事が大変ご多忙なお客様ですので、ご自宅におじゃまさせて頂き、いくつか参考になる着物リメイクのサンプルをお持ちして、最終的に以下のお写真のデザイン、ロングコートにお作りすることに決まりました。

今回、ゆったりとしたモードなラインのコートにリメイクするので、別布を組み合わせることに。

再度、仮縫いの際に、合わせる生地、また裏地をご提案させて頂き、唯一無二のコートに仕上げていきます。

意外と柄合わせに難航、シンプルなデザインこそ生地の配色が難しく、センスの腕の見せ所です。

仮縫いの際、衿のデザインをテーラーカラーに変更のご要望を頂き、その後はメールのやり取りで丁寧にご提案、お作りさせて頂きました。

お陰様でとても素敵に仕上げることが出来、お客様も大変お喜び頂きニィニスタッフ一同大変嬉しく思っております。

なんとその後、ご丁寧に素敵なお写真もお送りいただき、こちらにご披露させて頂けるということで、重ね重ね感激しております。

 

大切な思い出の着物を、ニィニでリメイクさせて頂けましたご縁に、感謝の気持ちでいっぱいです。

今後も皆様のこれからを、洋服で幸せに出来るようニィニ一同益々邁進してまいります。

 

 

 

 

お越しいただきありがとうございます。

捨てないアパレルを目指しております、株式会社ニィニ、取締役、デザイナーの保坂郁美です。

この度、嬉しいご縁で、アパレル工業新聞に大変お世話になっているミシンメーカーJUKIさんの企画記事の中に、ニィニの取り組みを大きく取り上げて頂きました。とても丁寧に、それも一面に大きく取り上げて頂き感激しております。

「捨てないアパレル事業」を今年一年、がむしゃらに駆け抜けてきたとを、ニィニスタッフ一同年末に噛み締めることができ、嬉しい気持ちでいっぱいです。

ここ数年、「捨てないアパレル」を浸透発信させることに注力してきましたが、来年からは「捨てないアパレル」を更に深堀りすべく、ニィニの技術やデザインを再構築、地固めに尽力してまいります。

また、「捨てないアパレル」の新たな試みとして、来年1月から、ニィニ初レンタル事業を開始します。

詳細は後日お知らせいたします。

皆様の未来を、洋服で後押しできる会社となれるよう益々励んでまいりますので、来年も何卒宜しくお願い申し上げます。

年明けの営業は、1月5日水曜日からです。

来年もどうぞよろしくお願い致します。

では、良いお年をお迎えくださいませ。

 

 

 

 

 

お越し頂きありがとうございます。

「捨てないアパレル」を目指しております、(株)ニィニ、取締役、デザイナーの保坂郁美です。

この度、友禅作家成瀬優先生と素晴らしいご縁を頂きまして、斬新かつ大胆な、前衛的な染め技法「滝暈し」染めで制作されたシルクで、ドレスワンピースを制作させて頂きました。

成瀬先生の染め技法は大変珍しく、その染め技法にとても驚いてしまいました。

その様子がYouTube配信されてますので、是非ご覧くださいませ。

このような深みのある色味に仕上げるのに、10色以上繊細に重ねていくそうです。

ですので、最初に成瀬先生の染め上げたシルクのストールを拝見した時は、本当にその美しさに感動します。

よく私は夢をみるのですが、それは自然界の絶景の中を飛んだり跳ねたり楽しむ夢でして、その私の夢の中によく出る海や山や川、

そして、空の色に成瀬先生の色合いがそっくりで、驚きとともに内心感激しておりました。

ご来場頂くお客様からも、美しい深みある色合いに、思わず感激の溜め息をわあー、、、と溢されておりました。

このコロナ禍の中でも、日本文化を途切らせることなく、独自の手法と感性で力強く制作される成瀬先生の姿勢に、心より感銘を受けます。

20211125~28日、東京、谷中のギャラリーマルヒで(個展としては201311月以来8年ぶりの)展覧会です。

詳しくはこちらのブログをご覧ください。

http://silkgallery.blogspot.com/

会場もとても美しく、戦前から存在する質屋さんを改装した異空間な展示会場でして、非常に魅力的な空間です。

 

展示会は明日までです。

もう、ビビッと!!

来ること間違いなしです。

明日も気持ちの良い秋晴れです。

根津駅から徒歩7分ですので、お散歩がてら是非お出かけくださいませ。

©NINI CO.LTD.ALL Rights Reserved.